ビズリーチは使えない?おすすめできる人・できない人を徹底解説!

  • ビズリーチってよく聞くけど、どんなサービスなんだろう?
  • ビズリーチでワンランク上へステップアップって可能?
  • ビズリーチの上手な使い方がわからない!

 

こんな悩みをお持ちではないでしょうか?

ビズリーチはハイクラス層を目指す人は必ずと言っていいほど利用価値があるサービスです。

しかし、知っておくべき落とし穴もあります。

例えば、サービスの質を担保するために、選ばれた人しか使えない仕組みになっていたりします。

この記事では、ビズリーチの体験談をふまえ、ビズリーチのサービス内容や歴史、ビズリーチのデメリット・メリットを解説していきます。

何も知らないまま利用すると、

 

  • 時間やお金を無駄にしてしまう
  • 本当は希望していない職業に就職
  • 行きたかった会社にいけるチャンスを逃す

 

など、せっかく環境をよくしていこうと転職を考えたのに、満足できない結果になってしまうことに。

この記事を参考にすれば、リスクを回避し、ビズリーチを上手に使うことができるようになります。

 

この記事を読んでわかること
  • ビスリーチがおすすめな人・おすすめできない人
  • ビズリーチのサービス構造
  • ビズリーチの体験談・評判
  • ビズリーチのメリット・デメリット
  • ビズリーチの上手な使い方

結論:ビズリーチはハイクラスの転職を狙う人・自分の市場価値を上げたい人にはおすすめのサービス

ビズリーチはハイクラスの転職を狙う人・自分の市場価値を上げたい人にはおすすめのサービスになります。

とくに知っておくべきおすすめの理由は以下の3つです。

ビズリーチがおすすめな理由

  • ハイクラスの求人が圧倒的に多い
  • ユーザー視点での転職の選択肢が多い
  • ユーザーからも企業からも評価が高い

今回の記事の中で詳細な理由はご説明させていただきます。

では、ビズリーチがおすすめ出来る人とおすすめ出来ない人をご紹介します。

 

ビズリーチがおすすめできる人の特徴5選

ビズリーチがおすすめできる人の特徴5選です。

順番に解説していきます。

  • ハイクラスへの転職を狙っている人
  • 自分の市場価値を上げたい人
  • 転職サービスに理解がある人
  • 急いで転職を考えていない人
  • 良いチャンスがあればチャンレンジしたい人

 

1. ハイクラスへの転職を狙っている人

ハイクラス層へのキャリアアップを考えている人は、ビズリーチのメインターゲット層です。

ハイクラス求人が豊富であり、ヘッドハンターの質も高いため、他の転職サービスにはないメリットを享受できます

2. 自分の市場価値を上げたい人

ステップアップをしたい人もビズリーチはおすすめです。

自分の市場価値を知り、今よりも評価をうけれる会社・仕事にチャンレンジする機会に恵まれます。

ビズリーチは登録することで、企業の方から声をかけてくれるからです。

自分のスキルや経歴を追加していくことで、声をかけてくれる企業も変化してきます。

そういった変化を感じ取ることで、自分の立ち位置を知り、より評価をしてくれる場所にチャンレンジができます

3. 転職サービスに理解がある人

転職サービスの知識がある人は、求人の良し悪し、ヘッドハンターの良し悪しを見極めることができます。

「このヘッドハンターは、とりあえずどこかに就職させようとしているな」

こんな風に、危険を察知できるからです。

結果的に、質の高いヘッドハンターと関係を築くことができ、転職活動を有利に進めていくことができます

4. 急いで転職を考えていない人

転職に対して、長期的な視点をもって活動している人にもビズリーチはおすすめです。

求人というのはナマモノであり、ポジションが空かない限り求人が公開されることはありません。

こればっかりは運と縁になります。

ビズリーチの場合は待っているだけでも、転職活動をすることができます。

現在の自分のキャリアを育みながら、良い企業から声がかかったタイミングで転職するという選択が可能です。

中・長期的なキャリア形成を考えている人にもピッタリなサービスです

5. 良いチャンスがあればチャンレンジしたい人

ビズリーチには転職方法を選べるというメリットがあります。

「今の仕事が忙しくて時間が作れない」

このように、なかなか自分から動くことが難しい人にもおすすめできるサービスです。

タイミングが合うと、企業側から面接確約のスカウトオファーが届くからです

「自分では転職活動が進めにくいんだけど、転職はしたいとも思ってる」

こんな人は、一度ビズリーチを使ってみてくださいね。

ビスリーチがおすすめできないの特徴5選

ビズリーチをおすすめ出来ない人の特徴です。

ここでは5つご紹介します。

  • キャリアが短い人
  • しっかりサポートを受けたい人
  • 転職活動にお金をかけたくない人
  • 転職サービスの事情を知らない人
  • コミュニケーションを取りたくない人

 

1. キャリアが短い人

一般的に、転職に有利となるようなキャリアの長さがない人はビズリーチには向かない傾向にあります

ハイクラスを中心にしたサービスであるため、登録審査ではじかれたり、スカウトされにくいのが理由です。

キャリアが短い人は、キャリアを積んでから再度利用することをおすすめします。

2年以上のキャリアがひとつの目安となります。

もちろん例外はあり、現時点で高収入の方はビズリーチの恩恵をうけれます。

また、IT系などどの企業も欲しがる経歴の人も重宝されます。

キャリアが短く転職経験のない方は、転職活動の全体像をまとめたこちらの記事も参考に、転職を進めていくことをおすすめします。

>>【初めての転職】転職活動の全体像を分かりやすく解説

2. しっかりサポートを受けたい人

ビズリーチには職務経歴書の添削や面談の練習などのサポートはありません

そういった転職関連の手厚いサポートを希望する人は、手厚いサポートのある大手の転職エージェントをおすすめします。

ある程度自立して転職活動をできる方のほうがビズリーチに合っています。

3. 転職活動にお金をかけたくない人

どうしても転職活動にお金はかけたくない人もビズリーチには向かない可能性が高いです。

良いサービスはどうしても有償になってしまいます。

有料プランを利用することで、転職活動の幅は広がるからです。

有料プランも無料で使える期間をうまく活用する、などお金をかけずにビズリーチを上手く使っていくこともできます。

4. 転職サービスの事情を知らない人

転職の知識がない人もビズリーチには向かない可能性が高いです。

知識がない人は情報に振り回されます。

質の悪い求人、質の悪いヘッドハンターに出会うリスクもあります。

とくに注意すべきはヘッドハンターです。

転職サービスは、求職者を企業に就職させることで、企業から転職サービスに紹介報酬が入ります。

これは、ヘッドハンターも同じです。

このことを知らない求職者は、ヘッドハンターの勧められるがままに希望しない企業へ就職させられてしまうかもしれません。

ビズリーチを使う前に、転職業界のことを知っておかないと、このようなリスクがあることも覚えておきましょう。

5. コミュニケーションを取りたくない人

コミュニケーションを取りたくない人にもビズリーチはおすすめできません。

理由は、スカウトメールやヘッドハンターからの連絡が頻繁に送られてくるからです。

特に、需要の高いスキルや経歴を持った求職者は人気があります。

コミュニケーションの多さにウンザリしてしまうこともあるでしょう。

そんな煩わしさを回避死体人は転職エージェントに登録したほうが厳選した情報を得ることができます。

逆に、積極的に話を聞きたい人にはチャンスのあるサービスです。

 

ビズリーチを使うべき人
  • ハイクラスへの転職を希望している人
  • 転職市場を把握している人
  • 自ら動くことできる人

 

ビズリーチはどんなサービス?

ビズリーチについて紹介していきます。

  1. 企業が求職者を直接スカウトできるプラットフォーム
  2. 転職方法の選択肢が多い
  3. 有料プランを設けることで、秘匿性の高い求人を保有している

大きな特徴はこの3つになります。順番に解説していきます。

企業が求職者を直接スカウトできるプラットフォーム

基本的な転職サイトは、企業が掲載料金を払い、求人媒体に掲載され、それを見た求職者が応募していきます。

ビズリーチが画期的なところは、企業・ヘッドハンター・求職者のプラットフォームを作り、だれもが使いやすいサービスを実現したことです。

 

簡単に言うと、インターネットに慣れている世代が、企業・ヘッドハンター・求職者を含めて直接コミュニケーションがとれるシステムを作ったということです。

これにより、この3者間で早くて活発なコミュニケーションが可能になりました

 

求職者が転職を希望した時(ビズリーチに登録した時)に、企業から声を掛けることができるようになりました。

これは、従来の転職サービスにはなかったことです。

 

結果的に、求職者はさまざまな選択肢の中から転職活動をすることができるようになりました

転職方法の選択肢が多い

転職希望者は、ビズリーチ上で多くの転職方法を選ぶことができます。具体的には以下です。

  • 企業からの直接スカウト
  • ヘッドハンターからのスカウト
  • 公募

転職方法を選べることで、多様な人材が適切なタイミングで転職活動をすることが可能になっています。

結果的に、企業やヘッドハンターも集まりやすくなり、今もなお拡大を続ける転職サービスへと成長しています。

有料プランを設けることで、秘匿性の高い求人を保有している

重要なポジションの採用をしたい会社は年々増えています。

しかし、会社の将来性にも関わるため、広く情報を出すことができません。

 

ビズリーチは秘匿性の高い採用情報を扱っています。

求職者の審査をすることで、質を担保し、サービスを有料化することで、部分的に情報を限定しています。

 

企業自ら候補者のフィルタリングを行い、スカウトで声をかけることも出来るため、企業側からは欲しい人材にうまくリーチできます。

画像10

 

ビズリーチを利用することで、企業側も安心して採用活動ができるようになっているのです。

 

"ビズリーチはどんなサービス?" まとめ

  • 企業、ヘッドハンター、求職者のプラットフォーム
  • 求職者からみた転職の選択肢が多い
  • 有料プランと登録審査で秘匿性が高い

 

ビズリーチの歴史

ここでは、ビズリーチの歴史を紹介します。

創業の背景はこちらでご紹介されています。

一部をこちらではご紹介させていただきます。

寿命が伸びると必ず退職年齢は上がります。一方で、情報技術の進化によって、グローバル化や新規参入の登場など、企業を取り巻く競争環境はより激化することが予想されました。人間の寿命と反比例するように、企業の寿命は短くなっていくと考えたのです。
(一部省略)
日本的な雇用制度がどこかで限界を迎える可能性を考えるようになりました。
(一部省略)
一方で、事業環境が変化する状況では、必ずしも相性が良いとは言い難い。かつて、同じ経験をした欧米諸国と同様の変化が、日本でも起こるだろうと想像がつきました。

社会構造の変化が生み出す課題、技術革新による課題から着想した事業を構想しここまでのサービスにもってこられたわけです。

日本初の求職者課金型

 

ビズリーチは創業者の南壮一郎氏が2009年に日本初の求職者課金型の転職サービスとしてうまれました。

楽天ゴールデンイーグルスの創業にも関わった南氏が、自身の転職活動時に感じた疑問から作られたサービスです。

30代以上のビジネスプロフェッショナルにターゲットを絞り、ハイクラス層の人が有効活用できるプラットフォームとして成長してきました。

創業当時は求職者から課金をするサービスなんて使われない!と酷評されていたそうです。

しかし、企業側は優秀な転職者に直接リーチがしたい、優秀な求職者は自分たちに適した転職活動がしたい、というニーズが噛み合い有償にも関わらずハイクラス層の求職者から絶大な信頼を集め会員数を伸ばしていきました。

市場への広がり

2009年にリリースされてから、着実に進化を続けています。

1年後の2010年には、会員数約4万人。2021年現在は、123万人もの人材がビズリーチを利用しています。

新規登録の会員数もまだまだ右肩上がりで、ハイクラス向け転職サービスとして確固たる地位を築いています。

類似サービスがいくつかビズリーチを後追いしましたが、以前としてハイクラス層の転職サービスとしては王者の立ち位置にいるように思います。

その証拠に転職サービス会社についてのアンケート結果では、ほぼ1位を占めています

スクリーンショット 2020-04-05 13.14.36

スクリーンショット 2020-04-05 12.57.122019年8月、株式会社シード・プランニング社による調査(リンク)
対象:年収600万円以上の約600名、転職サービス運営会社59社82サービス

ビズリーチと他社の転職サービスとの3つの違い

ビズリーチと他社のサービスの違いについても触れていきます。

ここでいう他社のサービスは、従来の転職サイトや転職エージェントを指しています。

大きく分けると3つあります。

ビズリーチと他社サービスの違い

  • 企業・ヘッドハンター・求職者の間で、直接コンタクトが可能
  • ターゲットはビジネスプロフェッショナル
  • 入り口に審査を設けることで全体の質を高めている

企業・ヘッドハンター・求職者の間で、直接コンタクトが可能

ビズリーチは『企業・ヘッドハンター・求職者』という3者のプラットフォームを構築しているので、それぞれが直接コンタクトを取れるようになっています。

 

一般的な転職サービスは、間に転職サービスが入ることで、大多数に採用活動を届けることが可能にです。

結果的に、求職者の質には大きなバラツキが出る傾向にあります。

一般的な転職サービスは大量求人、大量採用にはうってつけなのですが、重要ポジションでの採用は積極的に行うことができません

 

ビズリーチは、ピンポイントで求職者にコンタクトがとれるため、質の高い人材の採用が可能になりました。

求職者側にも、なかなか出会うことができない優良企業との接点を持ちやすいというメリットがあります。

 

企業は求職者やヘッドハンターから声がかかるように求人の質を磨きます。

求職者も企業やヘッドハンターから良く見えるように転職活動をするため、結果としてサービス全体の質が正のスパイラルに良くなっています。

ターゲットはビジネスプロフェッショナル

ビズリーチのメインとなるターゲットはハイクラス層のビジネスプロフェッショナルです。

言い換えると、登録会員の質が担保されています

そしてビズリーチに出ている求人の質も担保されています。

一般の転職サービスは大多数のマス向けにサービスを展開していますが、ビズリーチはビジネスプロフェッショナルのための、ランクアップを目指したハイクラス層への転職を目的としています。

 

ターゲットをビジネスプロフェッショナルに絞ることで、求人の質・求職者の質という観点で、他の転職サイトと差別化を図ることに成功しています。

この結果、他社では実現できないような職を選ぶことができる転職サービスとなっています。

入り口に審査を設けることで全体の質を高めている

ビズリーチの公開求人は96,000件以上(2021年1月時点)になっています。

非公開求人やヘッドハンターが抱える求人も含めると、求人数はさらに増えます。

加えて、求人の質もかなり良いと評判です

採用企業やヘッドハンターにも審査があることで、求人の質を高めています。

 

こんなにも質が良いなら候補者はみんな登録するのでは?

残念ながらビズリーチでは、入り口で審査が儲けられているため、ビズリーチの求める基準に達していない求職者はサービスを利用することはできません。

『ハイクラス向け転職サービスの中でもトップクラスの求人数と求人の質を持っている。』

それがビズリーチです。

 

"ビズリーチと他社サービスの違い" まとめ

  • プラットフォーム型転職サービスであること
  • ハイエンド層がメインターゲット
  • 審査があり質が高い

ビズリーチの体験談

ここからは皆様にビズリーチをより深く知っていただくために、ビズリーチを実際に利用した人の体験談を2つ紹介します

1つ目は審査に落ちてしまった失敗の体験談、もう一つはビズリーチをうまく活用した体験談です。

体験談をもとに、実際にビズリーチを利用している自分をイメージしてみてください

体験談その1:審査に落ちた話【失敗例】

ビズリーチが本当に審査を実施しているか、そのハードルがどれくらいのものか調べるために、友人である朝倉くん(仮名)に利用のお願いをしてみました。

これが朝倉くんの経歴です

 

利用者の経歴

  • 飲食店、接客業、IT企業への転職を数回経験している
  • 年収300万円(前職ベース)
  • 具体的なスキルはない

現在はフリーのWEBライターとして活動しています。

 

この経歴をもとに、ビズリーチに登録し職務経歴書も作成したところ、結果は見送り/審査保留になりました。

職務経歴書の内容を深く記載していなかったのが原因なのか、残念ながら門前払いを食らってしまいました。

悲しかった、とのことです。

ビズリーチはハイクラス向けの転職サービスなので、朝倉くんの経歴では難しかったようです。

 

よくよくネットで情報を調べてみると、市場価値をあげることで、再審査も可能と書かれています。

上記から、必ずしも年収で弾かれるということもないようですが、現在の年収が高い方が有利なのは事実でしょう。

審査を通過する最大のポイントは、職務経歴書のアップデートです。

 

職務経歴書をしっかり作成していなかった人は、審査に落ちてしまう傾向にあるようです、

経歴の作成は、大事なプレゼンに望むくらいの気持ちで取り掛かり、相手にどう受け取ってほしいのかを明確に記載しましょう。

 

そうすることで、再審査で通過する可能性も高くなります。このことを踏まえ、セカンドチャレンジをしてくれました。とくに職務経歴などかなり力を入れてくれました。

そして

無事審査通過しました。

ココがポイント

年収がそこまで高くなくても書類をきちんと充実させることで審査は通貨できそうです!

体験談その2:友人Hさんの年収を100万円以上UPさせた話【成功例】

こちらは、別の友人である田中くんの体験談です。

不動産営業のスペシャリストの田中くんはビズリーチをちょうど検討していたので、ビズリーチの利用のお願いをすると二つ返事で了承してくれました。

 

利用者の背景

  • 不動産営業一筋
  • 年収600万
  • 個人向け住宅の営業スペシャリスト、営業売上も社内で数回トップになっている

 

今回の転職の目的は年収UPです。

 

田中くんは、営業で培ったコミュニケーション能力を活かし、質の高いヘッドハンターとのコネクションを確保しました。

転職市場のタイムリーな需要やトレンドなどの情報を定期的に入手しながら、最初は10人ほどのヘッドハンターと連絡をとっていましたが、4人のヘッドハンターまで絞り転職を進めていきます

ヘッドハンターはそれぞれ癖があるようで、特に信頼できる2人のヘッドハンターが出してくれた求人に実際に応募して転職活動を本格化していきます。

若い女性のヘッドハンターは面接前にどのような面接なのか、なにがポイントなのか、などを事細かくサポートしてくれ、悩みなどもスピーディに対応してくれたそうです。

 

結果的に、若い女性ヘッドハンターと応募した求人で見事内定をもらうことができ、在職していた会社よりも、大手の不動産会社に転職に成功しました

その上、年収を100万円以上UPさせることができました

 

驚くべきことにビズリーチ登録から内定をもらうまでたったの1ヶ月で転職活動を終えてしまいました。

でうらやましいと思いつつも、スキルがあって実績もある人には、ビズリーチは効果的なサービスだと感じました。

 

"ビズリーチ体験談" まとめ

  • ビズリーチの審査は実在した
  • 書類を充実させることで年収高くない人も通過出来る可能性あり
  • 年収アップに向いている

ビズリーチの評判

次はビズリーチのネット上やSNS上での評判を幅広く調査したものの一部をご紹介します。

先入観を持ちすぎるのも良くないですが、ビズリーチをイメージしやすくなりますので、参考にしてみてください。

MEMO

ビズリーチは多くのハイエンド層から支持されていますが、使いづらいという声もありますのでご紹介です。

ビズリーチの良い評判

  • 高年収求人が多く年収を上げやすい
  • 敏腕ヘッドハンターに相談できる
  • 企業からスカウトがもらえる
  • 管理職や経営層の求人が多い
  • ヘッドハンターとの人脈を構築できる

ビズリーチの特徴をよく表している良い評判を5つ紹介します

ハイクラス向けサービスのため、クオリティが高く年収を上げることができたという声が多くありました。

1.高年収求人が多く年収を上げやすい

一番声の多かった項目です。やはり、ハイクラス向けの転職サービスということで、年収を上げた人が多かったです。

ネットの声でも、年収を上げたいというモチベーションの人はビズリーチは外せないという意見が多く見受けられます。

 

それだけ、スキルを要す高年収の求人が多いということですね。

まさに、上を目指す人のための転職サービスです。

2.敏腕ヘッドハンターに相談できる

優秀なヘッドハンターに出会えるのが、ビズリーチの良い評判の一つです。

ビズリーチではヘッドハンターから声をかけていただくことが多いです。

その中から優秀な人を探すのが一苦労ですが、ランクで見分けられるためある程度絞り込みも可能です。

 

ヘッドハンターは、独自の繋がりを持っており、自分の力だけでは想像もできない企業との接点を持っています

転職に関しての知識も企業の人事よりも詳しいのです。

 

こういった敏腕ヘッドハンターに話を聞くことができることも、ビズリーチの良い評判ですね。

 

3.企業からスカウトがもらえる

登録しておくだけで、企業から声をかけてもらえる、これもビズリーチの良い評判です。

一般の転職サイトは、自分から応募して転職活動を進めていくところがほとんど。

 

ビズリーチは、転職活動に受け身な人でも、活動を進めることができると評判です。

まずは、登録して、どんな企業から声がかかるのかを試してみるのも良いでしょう。

4.管理職や経営層の求人が多い

ビズリーチの良い評判の中には、管理職や経営層の求人が多いということもあります

特に、年齢層が高くなると顕著になってきます。

 

エンジニア「定年35歳説」などとも言われるくらいですから、年齢を重ねるごとに、最前線で戦うことが厳しくなってくるのも事実。

そういった人たちは、これまでの知識やスキル、実績や人脈を使い、会社をマネジメントする側に回りたいと考えます。

 

その考えに、ビズリーチがまさにマッチしているわけですね。

5.プラチナスカウトで本気度がわかる

プラチナスカウトという機能は、面談が確約されているなどの特別なスカウトのことを指します

企業から求職者にプラチナスカウトを送ることも可能で、本気度を知ることができます。

 

求職者の立場からすると、企業やヘッドハンターがどの程度の熱量で自身に声をかけてくれるのかが気になると思いますが、プラチナスカウトであれば先方も時間を使ってでも話したいと思っているということです。

ビスリーチの悪い評判

  • 無料できる範囲が限られる
  • ビズリーチ自体のサポートが少ない
  • メールがしつこい
  • ヘッドハンターにも当たり外れがある
  • 登録に審査がある
  • スカウトがこない
  • 地方の求人は少ない

次はビズリーチの悪い評価をご紹介します。

ビズリーチは良い評価を受けている反面、悪い評判もあります。ハイクラス向けという面もあり、ビズリーチに向かない人がいることも事実です。

1.無料で利用できる範囲が限られる

無料プランだと欲しい情報が手に入らないと感じる人が多いようです。

有料プランを利用しないと、全てのスカウトを見ることができません

 

ここに、デメリットを感じ、利用をやめてしまう人も。無料で使える転職サービスが多い中、お金を払うことに抵抗を感じてしまうようです。

長い時間をかけてゆっくりを転職を考えたい人にとっては有料というのは痛手になりますね。

しかし、お金を払うだけの価値ある情報を提供してくれていることも事実です。

賢い使い方は、転職活動を本格化しようと思ってから有料会員になり、無事転職できたらやめてしまうことです。

2.ビズリーチ自体のサポートが少ない

ビズリーチは、職務経歴書の添削、面接対策、企業との面談調整をしてくれるなどのサポートがありません

転職活動自体は自分で進めていく必要があります。

 

ここに、不満を感じる人も多いのです。

良心的なヘッドハンターであれば転職サポートもしてくれるため、不安な人は優秀なヘッドハンターと転職活動を進めるのが良いかもしれまんせん。

3.メールがしつこい

ビズリーチからのメールがしつこいと感じている人も多いです。

特に、スキルの需要が高い人は、気になる企業も多く、その分スカウトがきます

 

希望していないところからも届くため、それをストレスに感じてしまうようです。

気になる人は、通知をオフにするなどの対応を検討してください。

4.ヘッドハンターにも当たり外れがある

優秀なヘッドハンターがいる一方で、当たり前ですが全然使えないヘッドハンターが一定数存在ます

関係ない求人をどんどん提案してきたり、無理矢理面談をいれたりなど、結構乱暴な行為をするヘッドハンターに出会ってしまった人も散見されます。

 

転職者の成功ではなく、自分の利益が優先になっています。

中には、悪質なヘッドハンターもいるようなので、注意が必要です。

シンプルな見分け方は、ヘッドハンターランクで上位の方のみと付き合うようにしましょう。

5.登録に審査がある

ビズリーチの審査に落ちて、サービス自体が利用できないこともデメリットとして声が多いようです

審査に落ちて、ビズリーチを使いたいのに利用できない

このように感じている人もいるでしょう。

 

しかし、ビズリーチもボランティアではありません。

それだけ、ターゲットを絞り、ハイクラスへのキャリアアップの実現を目的としているので、できることである職務経歴の充実などを図りましょう。

6.スカウトがこない

ビズリーチから連絡が来すぎて困る人もいる一方で、まったく連絡がない人もいます

 

スカウトがこない理由はいろいろありますが、一番はビズリーチに登録している企業の需要とスキルや経歴がマッチしていないことが挙げられます。

できる対策は職務経歴をしっかりと充実させることです

登録の審査は通過したけど、スカウトがこないことも多々ありますので、慢心してはいけません。

7.地方の求人は少ない

ビズリーチのビジネスモデル上、どうしてもハイクラスの求人が中心となり地方の求人は少なくなってしまいます

 

テレワーク推進の流れになってきていますが、現状は、地方でのハイクラス向け求人は少なく、首都圏に集まりやすい傾向があるようです。

地方でハイクラス求人を探している人は、他のサービスも検討してみる必要がありますね。

 

"ビズリーチの評判" まとめ

  • ハイクラスからの支持が多い
  • 不満に思っている人の多くはスカウトが来ない人
  • 都心の人は使い勝手が良く、地方の求人は少ない

 

ビズリーチのメリットとデメリット

世の中でのビズリーチの評判をご紹介させていただきましが、ここからは筆者が実際に使ってみた感じた他社に比べたビズリーチのメリットとデメリットを紹介します。

サービスの良いところだけでなく、悪いところも見ておくことで、自分に合ったサービスなのかを判断する基準にしてください

Zen
サービスは実際に使ってみないとわからないことが多いですよね!

ビズリーチのメリット

  • ビズリーチのみのハイクラス求人が多数
  • 質の高いヘッドハンターの割合が多い
  • 自分の市場価値を把握できる
  • 企業からスカウトをもらえる
  • 転職方法を選べ思いもよらない企業に出会える

ビズリーチの5つのメリットです。

基本的にはいままでご紹介してきたものと被っています。

順番にご紹介します。

1.ビズリーチのみのハイクラス求人が多数

ビズリーチはさすがハイクラス層ターゲットのパイオニアだけあり、ビズリーチのみが取り扱うハイクラス求人が多数存在します

実際に、他社にはない年収1,000万を超える求人もゴロゴロしています。

2,000万円超の求人が特集で組まれるほどハイクラスは質・量ともに他社を凌駕しています。

企業側も重要なポジションでの採用を、ビズリーチでしていこうと考えているからです。

 

ハイクラスへの転職を目指す人にとっては最大のメリットになります。

2.質の高いヘッドハンターの割合が多い

ビズリーチは質の高いヘッドハンターの割合が非常に高い印象を受けました

ヘッドハンターも審査される立場であり、ランクがつけられています。

世の中には名前だけのごろつきヘッドハンターが多数存在します。

残念なことにビズリーチにも質の悪いヘッドハンターはいますが、ビズリーチは審査基準が高く、ヘッドハンター側もひどい行動を続けていると追放されるため、他社に比べ悪質ヘッドハンターの割合が少ないのです。

 

質の高いヘッドハンターに出会うことができたら、優良企業への繋がりを持つことや、転職市場の情報をいち早く掴むことができます

自分の転職活動を加速するのに敏腕ヘッドハンターは強い見方になってくれます。

3.自分の市場価値を把握できる

ビズリーチに登録することで、自分の市場価値を相対的に測れるのもメリットです。

企業からスカウトをもらうことで、自分がどんな企業に求められているのか、また、どのくらいの条件で採用を考えてくれているのかがわかります。

 

特に、企業との面談が決まっている「プラチナスカウト」は重要な指標です。

企業側も、貴重な時間を使ってわざわざ面談にのぞみます。

プラチナスカウトを定期的にチェックすることで、自分の現在の立ち位置を把握することができます。

4.企業からスカウトをもらえる

企業と求職者が直接繋がっており、面談前から交渉がスタートできるのもメリットです。

転職サービスなどは応募することからしかコンタクトがスタートしませんが、ビズリーチで企業から連絡をもらえると、まずはやり取りから始めることが出来ます。

転職したいと思った時に、企業の方から声を掛けてくれるのはありがたいです。

 

基本的に主体性を求められる転職活動の中で、ビズリーチは特殊です。

特に、長期的な視点で転職を考えている人には、受け身な姿勢でも思いがけない転職チャンスが転がってくるメリットがあります。

5.転職方法を選べ思いもよらない企業に出会える

自分が考えも及ばなかった企業との縁を作れるのもビズリーチの魅力です。

 

自分が意識していないような選択肢で思いがけない将来への道につながっていることもあります。

例えば、質の高いヘッドハンターは、貴重な求人を手元にもっており、自分が考えもしなかったチャンスがあるかもしれません。

「え、そんな企業ともコンタクトがとれるんですか?」ということも珍しくありません。

 

企業からのスカウトメールでもまさか憧れの企業から直接連絡もらえるなんて!!なんてこともあります。

 

選択肢があるということは、自分の可能性を広げていけるとも言えるわけです。

ビズリーチのデメリット

  • 登録に審査がある
  • 無料プランには制限がある
  • 質の悪いヘッドハンターに遭遇する
  • スカウトがこない
  • スカウトメールが多い

ビズリーチの5つのデメリットです。

デメリットを理解することで、ビズリーチがどんなサービスかより深く理解できます。

1.登録に審査がある

審査に通らない人は利用できません。これは、ビズリーチのデメリットのひとつです。

 

基本的に、来るものは拒まずというスタンスの転職サイトが多い一方で、ビズリーチはここに制限をかけています。

 

登録に審査を設けることで、求職者の質を高めているからです。

これは、採用企業やヘッドハンターも同じです。

 

ビズリーチはみんなが使えるサービスではありません。

しかし、そのおかげで求職者や求人の質が高くなっています。

2.無料プランには制限がある

無料プランの場合、利用に制限があることもデメリットの一つです。

「プラチナスカウト」と呼ばれる、企業やヘッドハンターから来る特別なスカウトしか閲覧・返信ができません。

 

ビズリーチの全ての機能を利用するためには、有料プランに課金する必要があります。

無料で使える転職サービスがある中、月々の料金がかかるのはキツい人もいますよね?

 

無料プランにある制限はデメリットですが、後ほどビズリーチの上手な使い方を紹介します。

うまく使うことで、費用を抑えることができます。

3.質の悪いヘッドハンターにも遭遇する

ビズリーチであっても質の悪いヘッドハンターに出会ってしまうことはあります。

 

特に、転職サービスの内情を理解していない人は気をつけてください

最悪の場合、勧められるがままに全く希望していない会社に就職することにもなりかねません。

 

こんなヘッドハンターには要注意

  • 希望していない職種の企業を紹介してくる
  • 勝手に面接が決まっている

上記のようなヘッドハンターに遭遇してしまったら気をつけましょう。

気をつけ方は簡単です。お断りするか、無視です。

 

求職者のことではなく、自分の利益しか考えていない可能性があります。

質の悪いヘッドハンターに出会ってしまったら、他のヘッドハンターに変えることを強くおすすめします。

4.スカウトがこない

せっかくビズリーチに登録できたのに、スカウトが全くこないことも多々あります

残念ながら思ったよりもスカウトは来ないとおもっておくべきです。

考えてもみてください。世の中にはすごい学校を卒業して、すごい企業ですごい活躍している人たちもいるのです。

 

改善策としては、職務経歴書をより充実させて、企業からほしい!と言われるようにブランディングしていく必要があります。

企業の採用担当は残念ながらフィルタリングをかけたり、経歴書をちらっとみるだけで判断します。

その一瞬で、ほしいかも!と思ってもらう必要があるのです。

 

5.自動での求人案内メールが多い

スカウトはこないのとは逆に、自動求人案内は毎日量産されます。

需要の高い人材には、毎日大量のメールが届きます。

ひどいときはメールボックスをあけるとビズリーチだらけ、なんてこともあります。

自動での案内メールは特定のキーワードを含んでいるので、そのワードでメールの振り分け処理すると良いかもしれません。

 

"ビズリーチのメリット・デメリット" まとめ

  • ビズリーチにしかないハイクラスが多数
  • ヘッドハンターのランクで見分けが可能
  • 自動メールは多いが、スカウトは少ない

【追録】ビスリーチで転職をハックする方法

ここはおまけで、ビズリーチを使ってみようと思った人向けに、ビズリーチの上手な使い方を紹介します

筆者が実際にやっていることです。

無料で出来ることもありますし、ビズリーチならではのハックです。

自分の市場価値を定期的にリサーチ

無料プランでも「プラチナスカウト」に関しては、見ることが可能です。

自分のスキルや経歴を更新しながら、定期的にプラチナスカウトを確認することで、市場価値を把握することができます。

 

ビズリーチを自分の市場価値チェックツールとして利用する方法です。

転職の意思がなくても、自分の立ち位置を知ることで、これからのキャリアの参考にすることができます。

そのときに出来るだけ企業から見たときに魅力的に映るようにしましょう。

ポイントは以下です。

  • 職務要約は見出しを使いわかりやすく
  • スキルは企業から見て魅力的なものを選ぶ
  • 職務経歴はできるだけ数字を用いて、結果とプロセスでアピールする
  • 特記事項ではリクルーターに自分という商品をプレゼンつもりで書く

 

転職希望時期は『3ヶ月以内』にして転職機会を増やす

チャンスがあれば転職をしようかな、と思っている人もここは要注意です。

企業やヘッドハンターからみると転職意思のない優秀な人よりも転職意思のあるマッチング率の高い人を優先することはよくある話です。

たとえいますぐ転職意思がなくとも、転職意思を示しましょう!

選べるチャンスは多いことに越したことはありません。

Zen
私も転職希望時期を『3ヶ月以内』にしたところいただくメールが増えました。

転職意思の高い人は短期間で一気にたたみかける

転職というのは『縁』や『運』も少なからず影響します。

希望の仕事をいつまでも探していても見つからないこともあります。

転職をするんだ!という意思がある人は期間を区切って転職活動をすることも選択肢としてください。

 

あらかじめ狙いを決めておき、短い期間だけ今の仕事より転職活動をゆうせんするわけです

一気に転職を成功させる方法です。

 

この際は、一気に以下を目安に取り組んでください。

  • ヘッドハンターは4人と連絡
  • 求人応募は5つ目安
  • プラチナスカウトはできるだけ応答して、自身のなにが魅力的だったのか聞く

 

転職意思の高い人は、ぜひこの方法で転職にかかる費用を抑え、価値のある転職を成功させてください!

まとめ:ビズリーチは転職偏差値を高めてくれるサービス

ビズリーチは可能性を広げてくれるサービスです。

しかし、そのためにはコミュニケーションを取り、情報を集めていく必要があります

 

その中で、転職に対する力も自然と身についていきます。

 

そして、ビズリーチは求職者にも、企業側にとってもメリットの多いサービスです。

質の高い企業や求人に出会えることは、それだけで価値のあることです。

 

普通に生活してたら、なかなか巡り会うことができない企業ばかりです。

 

将来的にハイクラス層への転職を目指す人にとって、ビズリーチを利用しないのはもったいないと断言できます。

 

少し場所を変えるだけでも、待遇は良くなるものです。

いまよりも高いキャリアを目指してみませんか

最後に、ビズリーチ以外のオススメの転職エージェントを知りたい方は下の記事も読んでみて下さい。

>>30代におすすめの転職サイト・転職エージェント22選比較ランキング|実際に使って役立ったものから厳選

記事のまとめ

ここ画像自動入力

  • ビズリーチはハイクラスを狙う人には必須のサービス
  • 現時点で年収が低くても利用できる可能性はある
  • 良くも悪くも自分でうまく活用する必要がある

-転職
-,

© 2022 挑戦一年目の教科書